Skip to content(本文へジャンプ)

会社と社員の絆を永遠に
アルムナイ・リレーション・プラットフォーム誕生

お問い合わせ

アルムナイとは

アルムナイとは

「アルムナイ」とは、「会社を退職した会社OB/OG」のことで、最近、人事領域で注目度が高まっているキーワードのひとつです。もともとは「学校の卒業生や出身者」という意味の「Alumni」という言葉が、企業の出身者/卒業生にも使われるようになりました。

※詳しい用語解説は「経営者が注目する「アルムナイ」とは? | アルムナビ powered by Official-Alumni.com」をご覧ください

個人のライフスタイルが多様化する今日、転職は以前に増してあたりまえのことになり、パラレルキャリアやフリーランスとしての働き方が増えていくでしょう。それでも労働市場において、多くの個人は、一度はどこかの会社に社員として就職することは変わりません。

ですから企業の立場からすれば、労働力が低下し続ける日本において、一度つながった社員との関係を維持する、つまり、強い「アルムナイ・リレーション」を構築し、強固なエコシステムを作れるか否が競争力を左右することになるはずです。

アルムナイ・リレーションシップ・プラットフォームとは

会社と社員は、多くの時間を要する「採用プロセス」、そして「雇用関係」のもとで、より多くの時間を共有するにも関わらず、退職した途端、つまり、「アルムナイ」となった瞬間、そこで関係が途切れてしまいます。

高度成長期を支えた日本的経営の「三種の神器」の一つである「終身雇用」という考えのもとでは、退職者は「裏切り者」とされてしまう風潮すらありました。

しかし、これからは「採用プロセス」の候補者リレーション(CRM)と、「雇用関係」の従業員リレーション(ERM)と同様に、「会社と社員の絆」を保ち続ける「アルムナイ・リレーション(ARM)」が求められていくでしょう。

この「アルムナイ・リレーション(ARM)」をサポートするプラットフォーム、それが私たちの「Official-Alumni.com」なのです。

なぜアルムナイなのか

自社のアルムナイと「Win-Win」のリレーションを築くことは、多くの新しい価値を創造し、双方に多くのメリットをもたらします。
会社側の視点から見ると、大きく2つの視点において、様々な視点で事業の拡大の一助となります。

人事・採用の視点

再雇用

最もわかりやすい効果は、アルムナイを再雇用できることでしょう。残念ながら退職してしまった社員が、成長して戻ってきてくれることは会社にとって多くのメリットがあります。

業務委託

B2B企業では、退職して起業したりフリーランスとして活躍しているアルムナイに業務を委託することで、質が担保され、かつ、信頼できるパートナーが得られます。

リファラル採用

アルムナイが退職後に築いた新しいコミュニティにリーチできるため、アルムナイ経由でのリファラル採用は、通常の社員リファラルでは会うことのできない、優秀かつ意欲の高い応募者につながります。

採用ブランディング

アルムナイによるポジティブな口コミは、既存社員よりも力があると言われています。これは、入社を推奨する義務のないアルムナイという立場上、本音に限りなく近く、かつ社内をよく知る人の発信する正確性の高い情報として捉えられるためです。逆に、アルムナイのネガティブな口コミは、そのインパクトも大きくなります。 多様な働き方への対応を求められるこの時代において、既存の社員だけでなく、アルムナイも大切にし、退職後も良い関係を続けていくというメッセージは、強い採用ブランディングとなります。

CSR

退職した社員を「裏切り者」と扱い、自社のエコシステムから追い出してしまうことは、政府が掲げる「人生100年時代構想」「一億総活躍社会の実現」「働き方改革の実現」といった方針からも大きく外れてしまうもの。アルムナイと協力し合える仕組みを作ることは、会社のCSRとしても非常に大きな意味を持ちます。こうした取り組みの事実は、事業的にも人事的にも強いブランディングとなります。

セールスやマーケティングの視点

B2Cの顧客化

新卒採用において、結果として採用されなかったり、内定を辞退して入社しなかったとしても、採用担当者の丁寧な対応がその学生を「ファンにする」ということはよく知られており、こうした関係性構築も重視されています。これは、ともに働いた社員の退職時にも同じことが言えます。アルムナイが自社のファンでい続けてくれるかどうかも、会社の意思と行動次第なのです。

B2Bの顧客化

B2C企業だけではなく、B2B企業においても、アルムナイは退職後に会社の顧客となる可能性が高いことを忘れてはなりません。たとえば、競合企業のサービスを利用している顧客に対して、自社のサービスを売り込むことは非常に困難なことですが、そんな時、自社のサービスの特長をよく理解しているアルムナイは、とても強力なサポーターとなってくれるでしょう。顧客になりうる可能性のある会社の社員となったアルムナイの発言は、広告よりも営業マンよりも強い影響力を持つのです。

ブランディング・アンバサダー化

転職やフリーランスになって同業界や近い業界にいるアルムナイや、ソーシャルメディアや口コミサイトでの発信力が強いアルムナイは、ポジティブな口コミをすることで、会社にとって非常に強力なアンバサダーとなり、ブランディングを強化してくれます。

ソリューション

クラウド型アルムナイ・リレーション・プラットフォーム
「official-alumni.com」

企業とアルムナイの「Win-Win」の関係値を築き、そのつながりを永遠にすることを、システムでサポートする、クラウド型のプラットフォームです。

企業とアルムナイ間のメッセージ、NPSを活用したアルムナイ・リレーション測定『Gauge』、アルムナイ向けイベント管理などの基本機能を備えています。また、独自開発のチャット型のUIにより、アルムナイがストレスなく、かつ、本音を語ってくれるコミュニケーションをデザインしています。

企業から発信する情報に対するアルムナイの行動を分析することによって、エンゲージメントを高める施策をタイムリーに、オートメーションでサポートします。

NPSを活用したアルムナイ・リレーション測定
『Gauge (ゲージ) on Official-Alumni.com 』

「アルムナイ・リレーション構築」は、その入り口となる「現状把握」が第一関門です。現状を把握できなければ改善すべきポイントも解決もわからず、施策が無駄になったり、逆効果となったりするからです。

真の「アルムナイ・リレーション構築」のためには、まずは一度つながりが弱くなってしまったアルムナイを理解するところから始めましょう。「Gauge」は、アルムナイのロイヤリティとエンゲージメントを測定(Gauge)し、企業の的確なアクション設計をサポートするサービスです。クラウド型システム「Official-Alumni.com」上で提供されます。

アルムナイ情報特化型メディア
「アルムナビ」

アルムナイに関する最新情報やノウハウ、海外事例などを発信する国内随一のメディアです。日本ではまだ、アルムナイという言葉自体が聞きなれないのはもちろん、アルムナイとどうやって付き合っていけばよいかの事例が圧倒的に不足しています。「アルムナビ」では、経営者やオピニオンリーダーのインタビューなどのインタビューを通して、「アルムナイ・リレーション」というコンセプトをより広く普及していくことはもちろん、成功事例やノウハウなども幅広く発信していく、アルムナイ・リレーション構築を検討中の企業にとって実践的なメディアです。

アルムナイ・コンサルティング

アルムナイ・リレーションを構築、強化するために必要なコンセプトづくりから制度設計、運用までのコンサルティングを提供しています。

アルムナイ・リレーションを構築、強化するには、既に退職したアルムナイをケアするだけでは不十分です。既存社員退職時の「退職エクスペリエンス」を強化することで、社員エンゲージメントを下げずにアルムナイ・エンゲージメントにつなげるためには、仕組みに加えて人事の方や、マネージャーの一挙手一投足が重要な要素となります。

ワークフロー設計やNPSの実施サポートはもちろん、人事・マネジメント講習からアルムナイイベント企画・運営まで幅広くサポートいたします。

システム料金プラン(β版特別価格)

Starter

10,000
/month

Basic

20,000
/month

Plus

60,000
/month
アルムナイユーザー数(※1) 39 99 399
企業ユーザー数 1 3 10
Gauge(※2) 有料 年に1回まで無料(※3) 年に2回まで無料(※3)

※1: 400名以上のご利用はお問い合わせください。
※2: プラン毎ユーザー上限数まで受付が可能です。
※3: 追加の実施には別途料金がかかります。

Contact

運営会社

株式会社ハッカズーク(Hackazouk Inc.)

2017年7月設立。「変化するライフスタイルに、人と組織が適応するためのサービスを提供する」をミッションに、現在は、「Official-Alumni.comの企画・開発・販売・運営」「アルムナビの企画・開発・運営」「人事・採用・アルムナイに関するコンサルティング」を手がける。

代表取締役CEO:
鈴木仁志
取締役CPO・アルムナビ編集長:
勝又啓太
所在地:
〒160-0023 東京都新宿区西新宿 7-22-3 BPビル ANNEX 208
ウェブサイト:
https://hackazouk.com/